「疲れ知らず」な意識の持ち方とは?

1.第3の視点を持つ

我が家は、旅行や遠出するときもいつも車です。

毎年行く伊勢は、自宅から約150キロ。
行きは、渋滞を避けるために早く出発して2時間。
帰りはどうしても渋滞にハマるので、3時間半~4時間程かけて移動します。

運転手は私だけなので、最終日に遊ぶときはいつも、
「帰りの運転の余力を残しとかなくちゃ」という気持ちがありました。

「しんどくなるから」
「眠たくなるから」
「途中で休憩を取ると遅くなるから」

そんな「○○だと嫌だから」という
マイナスな気持ちを抱えたまま子どもたちと遊び、
15時を過ぎてくると、

体力は?
疲れ具合は?

と気にしていました。

それでも、毎年帰りは眠たくて眠たくて、
寝ないように、居眠り運転で事故らないようにと
そんな気ばかり巡らせていました。

そんなことを毎年繰り返しながら、
あるとき河口湖へ行ったときのことです。

自宅から河口湖までは約300キロで4時間ほど。
伊勢のちょうど倍くらいです。
最終日は、子どもたちと1日遊んだあとに帰る予定をしていました。

さすがに倍と思うと開き直ることができ、

「いいや!とにかく遊ぼう」
「途中で仮眠を取ってからゆっくり帰ろう」

と、伊勢のときよりもゆっくり遊んでいました。

そして帰り道。

不思議と眠たくなることもなく、疲れを感じることもなく、
4時間とかからずスムーズに自宅に帰ってきました。

伊勢のときよりも思いきり遊び、運転距離は倍に伸びた。
でも、いつもよりとてもラクだったのです。

何が違ったのか? と言えば、「私の気持ち」です。

疲れたらどうしよう。
後で眠たくなったらどうしよう。
体力残しとかなくちゃ。

そんなネガティブな想いが自分自身に負荷をかけ、
「○○だったらどうしよう」を、想像通り、引き寄せてくれていたんですね。

不安や怖れ、ネガティブな思考をすればするほど、
そのエネルギーが自分のエネルギーを消耗させ、
「なったらどうしよう」な状況を生み出します。

いい悪いではありません。

どっちがいいか?
どっちをやりたいか?

です。

それ以来、遊ぶときは存分に遊ぶことにしています(笑)

もちろん、家に着いてから「あ~つかれた~」なんて口にすることもなくなりました。

あなたは知らず知らずのうちに、
自分で負荷をかけ、疲れを引き起こしていませんか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。