• HOME
  • ソウルブランドデザインとは

ソウルブランドデザインとは

人や環境に振り回されない“自分らしさ”を手に入れる『ソウルブランドデザイン』

ソウルブランドデザインとは、ソウル(=魂)をブランド化(=他と区別)し、デザイン(設計)することから名づけました。

人は、「からだ」「こころ」「魂」の3要素から成り立つものと考えています。

この「からだ」「こころ」「魂」が重なり合う中心が、自分そのものであり、その人本来の姿と捉え、『ソウルブランド』と呼んでいます。

ソウルブランドデザインの教科書では、

『ブレない自分軸を確立し、“らしさ”を“しごと”にする』

というコンセプトのもと、

ソウルブランドから自分の価値を明確にし、ブレない選択基準を手にすることで、自分らしく、なりたい自分や望む人生へとシフトしていくことを目的としています。

ソウルブランドデザインの大切な3つの要素

ソウルブランドデザインでは上記の目的を達成するため、また、自分を満たしながら強みを活かすことで、自分らしく人生を選択・創造していくため、次の3つの要素を特に重要視しています。

  1. 体系化された性質の型にカテゴライズするのではなく、一人ひとりのこころの声、魂の声を聴き、内側から“らしさ”を発掘すること
  2. “らしさ”に紐づいた一貫した「強み」「満たされポイント」を明らかにすることで、対外的にも体内的にも無理がないこと
  3. 外側から変化を加えるのではなく、内側から変容を促すことで、土台を培い継続的な価値をもたらすこと

これらの要素を満たすことで、卒業数年経った方からも、

「おかげ様で、魂のワクワクするやりたいことに出会え、毎日楽しくやってます!」
「不思議なくらい、ストレスフリーです!」

とお声をいただいています。

“らしさ” を “しごと” にする

自分の人生を選択するためのはじめの一歩は、強みや想い、自分自身を明確にすることから。

多様化する社会だからこそ、多くの役割を担う女性にとって、「自分の価値を明確」にし、「ブレない選択基準」を持つことが大切です。

  • やりたいことはあるけど、モヤモヤが残って一歩が踏み出せない…
  • 漠然と何かやりたいと感じるけれど、何がやりたいのかよくわからない…
  • もっとやりがいを持って夢中になれる仕事にめぐり会いたい…
  • 時間やお金ベースではなく、自分を活かせる天職に就きたい…

ソウルブランドデザインでは、すべての女性が、ライフステージの変化に妥協したり、環境や役割の犠牲になることなく、自分らしく「やりたい!」を形にし、なりたい自分を叶えられる社会づくりを目指しています。

もっとソウルブランドデザインについて知りたい方は、以下をご利用ください。